健康のご相談

よくあるご相談

骨密度検査が低いと言われました。食事も気を使っていますがなかなか増えません。
腸管からのカルシウム吸収量は加齢とともに年々悪くなってしまいます。
カルシウムは体内に吸収されにくい栄養素ですので、一緒にビタミンD・Kを摂ることで吸収を助けましょう。
ビタミンDは、カルシウムの吸収だけでなく、カルシウムの排泄を抑える働きもありますので、これらを摂取する事により、
骨密度の低下を抑えられるでしょう。
ドライアイに悩んでいますが、仕事でパソコンを使用するため改善に繋がりません。
ドライアイは、涙の量が足りない状態、目の表面を潤す力の停滞した状態です。
長時間同じ場所を見ない事が大切ですが、お仕事などでパソコンを使う場合はドライアイ用の目薬を携帯しましょう。
また、ビタミンA・D等の脂溶性ビタミンを摂取する事でドライアイの軽減に繋がる場合があります。
家族が糖尿病です。遺伝の可能性がありますか?
1型・2型の糖尿病のうち、2型糖尿病は大きく遺伝体質が関わります。身内の方に糖尿病をもつ場合は注意しましょう。
ご家族で食生活は似るものです。日本人は欧米人に比べ、インスリンの分泌が少ない人が多いので、余分に食べた分は血中に
糖として残り、結果糖尿病になりやすいと言われております。
長年、便秘に悩まされています。便秘体質の原因は何でしょうか?
便秘は食生活や運動、心理状態など日常生活が影響します。その中でも女性に多い原因は主に冷え性である事。
手足が熱くても、体内が冷え内臓の働きが低下している事が原因です。男性の便秘は、食生活の乱れです。
肉中心の生活になり食物繊維が少ない事で便秘になります。
近年では男女共にストレスからくる自律神経の乱れが原因となっております。同じ便秘でも原因によって対策をたてましょう。
食事量は多くないのにBMIが高い。ダイエットしたいのですがどんな方法がありますか?
ダイエットは体重を落とすことが目的ではなく、脂肪燃焼に意味があります。
主に、摂取量と消費量のバランスが大きく関係をしており、食事量が少なくても、消費量が少ない場合にはエネルギーの燃焼が上手にいかず、 結果脂肪が蓄積してBMI値が高くなる場合があります。体質には様々なタイプがありますから、ダイエットをする際は、 むやみに食事量だけを抑えるのではなく、自身の体質を見ながらプログラムを組むとより効果的です。
家系が癌体質です。予防する方法はありますか?
健康な方でも毎日5,000個〜6,000個の癌ができていると言われています。体を守るのは免疫力です。
その免疫力を低下してしまう原因として、偏食、不眠、ストレスなどがあげられます。
又、 35°C台の低体温の方も癌細胞が増殖しやすいと言われておりますので、体温上昇が癌予防になります。
体温の上昇に良い漢方もご用意できますので、お気軽にご相談下さい。
血圧が高くなってきました。どのような生活習慣を心がければ良いでしょうか?
高血圧が続くと、心臓や脳の血管に負担がかかります。食事のバランスや運動、ストレスを避ける事が予防に繋がります。
東洋医学の考え方に、「瘀血(おけつ)」というものがあります。「瘀血」は血液の巡りが悪くなり滞っている状態を言います。
この状態が続くと、動脈硬化や血栓の原因にもなります。食事で、緑ものを摂取して血液のきれいな状態を続けましょう。
慢性の頭痛もちで、鎮痛剤が手放せません。鎮痛剤に頼らない方法はありますか?
頭痛も様々な原因がありますが、共通して多いのは血行障害によるものです。
血行障害も筋肉の緊張からくるもの、冷えからくるもので対処が変わります。
生活習慣の中に頭痛が起きるヒントがありますので、仁生堂では日常のお話をお伺いしてからお薬を処方しています。
長期の鎮痛剤服用は動脈硬化等、血管系の病気につながりますので、服用の頻度が増えた場合はご相談ください。
生理不順で悩んでいます。何か改善策はありますか?
生理は、体の健康バロメーターです。自分の月経が異常かを確認するために、正常な月経について知ることが大切です。
正常の生理の周期は約28日で繰り返されています。
月経周期が25日以内や40日以上、持続日数が 3日〜7日から外れているなど一定の間隔でない場合に生理不順と考えられます。
痛みがある方は、ホルモンの過剰分泌や子宮の未発達など痛みの原因も様々です。子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因
で痛みがくる事もあります。鎮痛剤の服用も、使用頻度が増え、服用しても痛みが治まらない場合は、早めの受診をおすすめ致します。

ご相談の流れ

ご予約

ご予約頂くと、お待たせ致しません。

仁生堂は完全予約制ではありませんが、ひとりひとりじっくりとお話する事をモットーとしています。 その為、多少お待ち頂く場合があります。事前にご予約頂ければスムーズにご案内が可能ですので、ご予約をオススメ致します。特に初回のお客様はゆっくりとお話を致しますので、時間に余裕を持ってお越し下さい。

受付

ご来店下さい。

ご来店頂きましたら、受付にてお名前をお伝え下さい。 担当のカウンセラーがお伺いします。

カルテ作り

お客様のお話をお伺い致します。

病歴・今の症状だけでなく、普段のお仕事や生活時間、お食事や睡眠、お手洗いや、女性の方は生理の状態なども細かくお伺いします。東洋医療では症状はいくつもの状態が折り重なって生まれると考えられ、ご家庭やお仕事にストレスはないか…などにもお話が及ぶ事もあるかもしれません。 仁生堂では堅苦しい「問診」は致しません。気軽に「談話」しながら一緒に病の源を探す事をモットーに、ゆっくりとリラックスしてお話をお伺いいたします。

漢方のご提案

最適な漢方・生薬のご提案をします。

談話の内容をもとに、最適な漢方のご提案をいたします。漢方は即効性があるものは少なく、体と心を徐々に調整していきますので、息の長いお付き合いができるよう、価格の相談も積極的にお受けしております。

アフターフォロー

24時間、あなたのホームドクターのように。

仁生堂では、担当カウンセラーの直通の電話番号をお渡ししています。

上へ戻る

店舗のご案内


ひび、まなび
仁生堂 研修制度のご案内